トップ イベント
カレンダー
お出かけ
アドバイザー
根岸
タウンマップ
磯子
タウンマップ
杉田
タウンマップ
洋光台
タウンマップ
地元で働く!
求人情報

「むぎちゃん通信」 〜洋光台のパン屋さんが語る!〜

2021年6月作成
洋光台のパン工房・横浜MUGIYA店主の神田さんによる「店舗オープン20周年記念」連載、第5回目です!

>>バックナンバーはコチラから

#005 重たくて、しっとり、やわらかなパンの秘密


横浜むぎやのブロート
ずっしり重いむぎやのブロート。左から「MUGIYAブロート・ショコラーデ」「MUGIYAブロート・バナナオレンジ」「MUGIYAブロート」。すべてヨコハマ・グッズ横濱001認定商品です。
どもども。さすらいのパン屋、むぎやの神田、むぎやむぎおでございます!

6月も梅雨に入りましたけど、むぎちゃん通信は5回目かな?

先日、ある方から「むぎちゃん通信を本にしないか?」と連絡をいただきました。

びっくりして!

ほっぺをツネったら・・・

目が覚めた!!

えーーーーーーーーーーーー! 夢でした!笑


ということで、今月もお願いしゃす!笑

ところで、よく言われるんですよ。「重たい」って。
ギャグじゃなくて、パンが!笑

そう、むぎやのパンはどっしりと重たいパン。なぜか? 今月はその話をしましょう!

前にも書いたんだけど、天然酵母パンを始めたきっかけは、卵や乳製品のアレルギーをお持ちのお客様からの要望でした。

そのうち、離乳食用に柔らかいフランス・パンを作って欲しいとのご注文があり、食べやすいように、しっとりした柔らかい白焼きのフランス・パンを作り始めたんです。一般的なフランス・パンより低い温度で焼き、短い時間で焼き上げて。

これが、結構評判が良かったんですよね笑
それで、他のパンも同じような焼き方にした!と、ゆーわけ笑

では何故そんな焼き方をするか?

レシピにもよるんだけど、自家製天然酵母パンは硬くなるのが早い(水分を保持する力が弱い)んです。それを防ぐために、こんな独特な焼き方をすると、水分が多いので結果として重くなるんですね。

ただ、この業界には「良いパンの定義」というものがあります。それは・・・

 「良く火が通っていて(よく焼けていて)、持つと軽い」

と、いうもの。そう、むぎやのパンは真逆!笑 パンのコンテストなどに出したら、失格です!笑 ま、目指しいるのはコンテスト優勝ではないので、それでもいいと思ってます!笑

ちなみに右上の写真は、重いものが多いむぎやのパンの中でも、特にずっしり重いと評判の「ブロート」シリーズです。

むぎちゃん通信
パン工房「横浜むぎや」
店主・神田康男
話は大きく変わり!笑 いよいよ、来月(7月)は復刻『枝豆チーズ』を販売します!

仕入れの都合で7月5日からスタート!
7月末までの期間限定販売です。

ビールによく合いますよ!笑

と、いうことで、今月はこの辺で!笑

それではバイなら!




【バックナンバー】
#004 独立までの紆余曲折
#003 パン屋を続けているワケ
#002 20年前の洋光台
#001 自家製の天然酵母で作ったパンが9割


関連サイト
横浜むぎや 公式サイト
磯子マガジン MUGIYA紹介ページ
磯子マガジン トップへ戻る
copyright (c) 2021- Isogo Magazine all rights reserved.